INFO

INFO

Parisを感じるコーディネート

2016/04/28

0324_1_a-min

器の一大イベント“テーブルウェア・フェスティバル”。今年初めにも東京ドームシティで開催され、多くの方々で賑わいました。

今回の特集テーマの一つは「Maison de Paris」。芸術と美食の都・パリのメゾン(家)をイメージしたテーブルコーディネートで、ストウブもブース展示を行いました。

食材の彩りがアクセントに効いたエリアは、人気のヴィンテージカラーのセラミックとともに。シックな色合いが、ニュアンスを添えています。

0324_1_b-min

パリジェンヌに人気のブランドとのコラボレーションも。こちらのテーブルは、1857年に創業された南仏の窯元「Jars(ジャス)」社とのコーディネート。美しいカラーの陶磁器と鮮やかな「マスタード」のココットが引き立て合う、スタイリッシュな大人のテーブルです。

0324_1_c-min

こちらはパリ生まれのカトラリーブランド「サブール パリ」とのコンビネーション。コンセプトは「ファンタジー」&「シック」という同ブランドの世界観に、ストウブもキュートにマッチ。コーディネート次第で違う表情を見せるところも、ストウブの大きな魅力です。

ブース展示に加え、塩田ノアさんによる「パリの食卓 with STAUB」をテーマにしたステージイベントも大盛況。トークに登場したレシピなどもご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください!

「フランスの香り!オリーブチキン」 → http://media.zwilling.jp/50

 

 

 

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る