TOOLS

TOOLS

Wa-NABEとラウンドを比べてみました

2017/01/12

wanabecocotte

ジャポネスクシリーズに新しくデビューした「Wa-NABE」。スタンダードなココットとどこが違うの?と気になっている方も多いはず。そこで、同じサイズのピコ・ココットラウンドと比べてみました。それぞれの特徴をチェックしてみてくださいね。

写真の製品:

Wa-NABE M ブラック (左)

ピコ・ココット ラウンド 18cm グレー (右)

mdsc01821_edited-1

ワナベMと同サイズのラウンド18cm。蓋裏には、おなじみの突起「ピコ」が付いています。旨味を含んだ水蒸気が、ピコから食材に降り注ぎ、おいしく仕上げます。

mdsc01822_edited-1

Wa-NABEの蓋裏には、ブレイザーやラ ココット de GOHANと同じ「システラ」が付いています。水分をしっかりキャッチして、ピコと同じく食材のおいしさをぐっと引き出します。

mdsc01804

底の形は、2つが大きく違うところ。Wa-NABEはころんと丸く、ラウンドはSTAUB独特のストレートなラインです。

mmDSC01828

フラットでなめらかな底面は、汚れがつきにくく落としやすく、直火・オーブン・IHにも対応。これは共通ですね。

mdsc01531

1リットルの水を入れてみました。ラウンドは蓋の線のすぐ近くくらいです。

mdsc01507-1

Wa-NABEは蓋が上にのるイメージなので、もう少し余裕がありそうです。

mdsc01546

Wa-NABEを使った方に多いご意見が、「洗いやすい」こと。底が丸いため、スポンジでスムーズに全体をきれいにできます。さっと手持ちで洗ってもいいかな、という印象です。

mdsc01554

ラウンドは、底の角の部分を洗うとき、置いたほうが安定しますね。

mstb-127

もっとも違いが出るのは実際のテーブルコーディネート。 Wa-NABEは、ご飯茶碗やお椀など、和食器にもすっとなじみます。すくいやすいので、汁物や鍋物にぴったり。ごはんココットやルチャワンと合わせれば、「フレンチで和ごはん」の完成です!

m14772_rgb_120dpi_edited-1

ピコ・ココットは、底面が広いのでかたまり肉などに便利。骨つき肉をオーブンで調理してサーブすれば、テーブルでも熱々。フランス生まれのストウブらしい華やかな食卓に、歓声が上がりそう!

新しい Wa-NABEで、STAUBとの食卓がもっと広がるはず。お料理やその日の雰囲気で、ぜひ楽しく使い分けてみてください。

Wa-NABEはこちら

ピコ・ココット ラウンドはこちら

公式オンラインショップ メールマガジン配信中! → メルマガ登録へ

STAUBについてもっと知る → ブランドサイトへ

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る