TOOLS

TOOLS

STAUBのシーズニング

2017/12/26

質問の多い「シーズニング」の基本のおさらいです。

ストウブを買って初めて使う前に、まずやっていただきたい「ならし」の作業。STAUBを長持ちさせるためにぜひ、その後もときどき行ってみてください。

mente

1、まずお鍋を中性洗剤とお湯で洗って乾かします。
2、キッチンペーパー等に食用油をとって、内側に塗り広げます。
3、弱火で数分加熱し、鍋肌に油をなじませます。油を焦げ付かせないよう、ごく弱火にかけるよう気を付けましょう。
4、冷めるまで待って、余分な油を拭き取ってできあがり。

内側の艶がなくなってきたときが、シーズニングを行うタイミングの目安です。ぜひ気がついたときにやってみてください。

シーズニングせずに使い続けると、内側が乾燥し白っぽくなったり、さらに進むと食材が焦げ付きやすくなる場合があります。シーズニングを毎回行っても、特に問題ありません。

「そろそろシーズニングが必要かな」と思ったら、そのお鍋で揚げ物をするという方も。お料理しながらシーズニングできる、よいアイデアですね。

シーズニングした後のココットをお料理に使うときは、洗わずそのまま使用しても大丈夫です。

ごはんのための「ラ ココット de GOHAN」では、油を使うシーズニングをためらってしまうというご意見もいただきました。内側は他のココットと同じ「マットエマイユ加工」なので、ごはんココットもカサついてきたらシーズニングを行うのがベター。香りが少ない油を選んだり、油の量を極力減らすなどごはんに影響が少ないよう工夫してみてくださいね。

やってみると意外に簡単なシーズニング。ちょっとしたメンテナンスで、お気に入りのココットとぜひ長くお付き合いしてください!

ストウブ一覧商品はこちら

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る