TOOLS

TOOLS

木のまな板のお手入れ

2017/12/26

mSense_chef_image

刃へのあたりが優しく、包丁の切れ味を長持ちさせてくれる「木のまな板」。天然素材だからこそ気をつけたい、毎日と特別な日のお手入れポイントをご紹介します。

毎日の使用では、使用前にまずまな板を水でぬらしましょう。それにより、食材の色やにおいがまな板に移りにくくなります。

mDSC05122

使った後は、タワシと中性洗剤で洗いましょう。タワシでこすることで、細かい毛が木の溝の汚れも落としてくれます。

mDSC05163

食材を切った面はもちろん、裏側や側面も忘れずに。汚れが残っていると、気づかないうちにカビが生える原因になります。

洗った後は、水気を拭いてしっかり水気を切りましょう。立てかけておくと接地面が小さくなるので、水切れが良く長く清潔さを保てます。立てるときは木目に対してタテ向きにすると、反りを防げます。写真のようなまな板立てがあると便利ですね。

manaita

製品:ツヴィリング カッティングボード(スタンド付き)

月に一度くらい取り入れたいのが、重曹を使ったお手入れ。重曹を付けてタワシでこすり洗いすると、黒ずみやにおいが付きにくくなります。側面も忘れずに行いましょう。

カビを防ぐには、洗った後ときどき風通しのよい場所で陰干しにしましょう。 直射日光は反りやヒビを引き起こす場合があるので、日陰を選ぶのが注意点です。

年末のキッチンのお掃除の際に、まな板もしっかりきれいにしてみてはいかがでしょう?

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る