KITCHEN TIPS

KITCHEN TIPS

蝶の飾り切りのやり方

2018/03/13

chocho

華やかで春らしい、飾り切りに挑戦してみませんか。レコールバンタン・手塚先生が、にんじんで作る蝶の飾り切りを教えてくださいました。お祝いの食卓やお弁当にぴったり。ペティやコンパクトシェフなど、切れ味の良い小さめの包丁が使いやすいですよ。

m1_DSC03712

1、にんじんを手頃な長さに切って、安定するよう側面を少し切り落とします。切り落とした面を下にしてまな板の上に置き、厚さ1mm程度に切り込みを入れます。

m2_DSC03713

2、さらに1mmくらいの厚さで薄切りし、下まで切り落とします。

m3_DSC03714

3、薄切りを寝かせて横から包丁を入れ、ギリギリまで切り込みを入れます。

m4_DSC03715

4、平らな面と直角に、ふちを少し切り落とします。

m5_DSC03717

5、4から1mm程度内側に、切り込みを入れます。これが触覚の部分になります。

m5_3_DSC03730

6、逆側から6の位置に切り込みを入れ、カーブしている部分を、写真のように小さく三角形に切り取ります。

m6_DSC03721_edited-1

7、切り終わったところです。

m7_DSC03731

8、羽を開いて、写真7の★の部分を、内側に押し込みます。

m8_DSC03732

9、ちぎれないよう、そっと羽の間にのせるイメージでやってみてください。

m9_DSC03726

10、羽の間に入れて、形を整えたら出来上がりです。

m11_DSC04425

内側の円の部分が、ちょうど羽の模様のよう。手順8から10はちょっとコツがいるので、最初はちぎれてしまうかもしれません。薄切りするときの厚さや切り込みの深さでも変わってくるので、何度か試してコツをつかんでみてください。

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る