INFO

INFO

初心者のためのストウブ教室「煮る」

2018/11/16

staub_niru

ストウブ初心者さんなら、「ストウブをもっと使いこなしたい!」と思ったことがきっとあるはず。 クッキングスタジオで人気の「ストウブはじめて教室」は、そんなあなたのためのクラスです。蒸す・煮る・焼くの基本調理を一人ひと鍋で丁寧にマスターしていただけます。

秋冬に恋しくなるのが、しみじみ美味しい和食。「煮る」編では、レパートリーにあるとうれしい、鯖の味噌煮やひじきの煮物が学べます。

ストウブで炊いたふっくらご飯と、どちらも相性抜群。では、早速「鯖の味噌煮」の下ごしらえを始めましょう。

m1_DSC05957

煮魚で大切なのが下ごしらえ。鯖など青身の魚は、おいしく栄養もたっぷりですが、独特の「くさみ」が苦手な方も多いはず。一手間で、生ぐさみはぐんと変わります。まず、網を乗せたバットに鯖を置き、塩をふります。10分ほど置くと、水気が出てくるのでキッチンペーパーなどで取り除きます。

m2_DSC05958

皮目に、十字の切り込みを入れます。身の厚い部分は火が通りにくいので、切れ目を入れることで火が通る時間をより均一に。味も染み込みやすくなります。皮の縮みも防いで、見た目もよりきれいに仕上がります。

m3_DSC05980

熱湯と氷水を入れたボウルを2つ用意します。鯖を、まず熱湯に入れてさっと引き上げ、すぐに氷水につけます。これは「霜降り」という和食の下ごしらえで、魚の臭みを除くのに効果的です。

mDSC05983

2ミリに薄切りした生姜、水150cc、酒50cc、砂糖大さじ2杯をココットに入れて中火にかけ、沸いたら鯖の皮目を上にして入れます。アクが出たら取り除きます。

m4_DSC05992

味噌を煮汁で溶き入れて、再び沸いたら、蓋をして煮ます。10分ほどで、美味しそうな仕上がりに!

m5_DSC05996

ストウブの重たい蓋が、旨味を閉じ込めるので柔らかくふっくら。蓋裏のピコを伝って食材の水分が降り注ぐ、ストウブならではの「アロマ・レイン」の効果です。

m6_DSC05952

次はひじきの煮物です。大豆はたっぷりの水で一晩戻し、浸した水ごと鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、蓋をして弱火で柔らかくなるまで煮ます。ひじきは水に30分浸して水気を切り、食べやすい大きさに切ります。油揚げは湯通しして細めの短冊に、人参は3cm長さの太めの千切りにします。

鍋に油を入れて中火にかけ、ひじき、人参、油揚げを入れます。

m7_DSC05953

出汁、醤油、砂糖、みりん、大豆を入れて混ぜ合わせます。蓋をして、中弱火で加熱します。

m8_DSC05955

5分ほど煮たら出来上がり。蓋をして蒸し煮にすることで、調味料がしっかり染み込みながら、水分を保って旨味たっぷりに仕上がります。

mDSC05999

ごはんココットで炊いたご飯が、さらにおいしくなる「煮る」編のレシピ。いつもの食卓で繰り返し作りたくなるようなお料理が、「ストウブはじめて教室」でお伝えするレシピの特徴です。

次回「焼く」編では、お肉をメインにしたメニューをご紹介しますのでお楽しみに。前回の「蒸す」編もぜひご覧になってみてください。→ 「蒸す」編を見る

「ストウブで蒸す・焼く・煮る」を一度で知りたい!という方は、デモ形式で学べる、湘南平塚スタジオの1日レッスンがおすすめ。じっくり学びたい方は、全3回のクラスを横浜元町スタジオでご用意しています。

「ストウブはじめて教室」は、2つのスタジオで毎月レギュラーで開催しています。レッスンのご参加者には、当日限定で直営店にてご利用いただけるショッピング割引券など嬉しい特典も。気になる方は、ぜひお気軽にスタジオまで問い合わせてみてくださいね。

横浜元町店→ http://bit.ly/2dp8371
湘南平塚店→ http://bit.ly/2dgyeL6

 

ストウブ一覧商品はこちら

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る