TOOLS

TOOLS

包丁特集「ツイン セルマックス MD67」

2019/06/13

kotm_june

ナイフ・オブ・ザ・マンス 6月:ツイン セルマックスMD67

切れ味と使いやすさ、特徴的なデザイン。あなたのキッチンの最高の相棒となるために、職人が技を尽くして開発したツヴィリングのナイフたち。「ナイフ・オブ・ザ・マンス」では、その一つ一つに込められたストーリーを、毎月ピックアップしてご紹介します。

→公式オンラインで製品を見る

技術と素材を追求した、ツヴィリング最高峰ナイフ

優美なダマスカス模様に彩られたブレードと、つややかなレッドハンドル。一目見ただけでその特別感が伝わってくる「ツインセルマックス MD67(以下セルマックス)」は、製作する技術も、使用されている素材も最高峰の、ツヴィリングの中でも最高クラスのナイフです。

「セルマックス(Cermax)」の名前の由来になったのが、「Cutting Edge Retention Maximum (カッティングエッジ リテンションマキシマム) 」というこのナイフのコンセプト。この頭文字をとって名付けられました。

「ツインセルマックス  MD67」の特徴

”カッティングエッジ”とは包丁の刃先。そのリテンション(保持)———つまり、「優れた切れ味を最大限に保つ」のがこのナイフの特徴。

knife_kaibomini

職人技の極みでもあるダマスカス模様は、ブレード(刃)の中心を境目に、ステンレスとニッケルを左右66層ずつ、合計133層も重ねて作られたもの。熟練の磨きの技術で生まれる波のようなラインは、一つとして同じものがなく一本一本がそのナイフだけのパターンとなっています。

kotmCermax_MD67_2

刃の鋼材はツヴィリングの包丁の中で、もっとも硬い「MC66スチール」。握ったときに安定感があるアーチ型のハンドルは、綿や麻が原料の「マイカルタ」という素材で木のようにナチュラルな握り心地です。

ツバ(ボルスター)や、ハンドルのエンドキャップまで職人が手作業で仕上げたもの。柄の端には、ツヴィリングの双子マークが彫られていて、包丁立てなどに並べた時も目を引きます。

cermax_end

よく使う人ほど、長持ちする切れ味を実感

デモンストレーターさんやフード系インスタグラマーさんから、「もう他の包丁が使えない」「一度使うと手放せない」という声も。最初はもちろん驚きの切れ味ですが、切れ味が長持ちする特徴は、特に包丁をよく使う方が実感してくださっているようです。

細部までこだわりが詰まった「ツイン セルマックス MD67」。最高級モデルと呼ぶにふさわしい一本を、ぜひお手にとってみてください。→ 公式オンラインへ

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る