TOOLS

TOOLS

包丁特集「TWIN Fin II」

2019/09/11

スクリーンショット 2019-09-11 15.33.17

ナイフ・オブ・ザ・マンス 9月:TWIN Fin II

切れ味と使いやすさ、特徴的なデザイン。あなたの最高の相棒となるために、職人が技を尽くして開発したツヴィリングのナイフたち。「ナイフ・オブ・ザ・マンス」では、その一つ一つに込められたストーリーを、毎月取り上げてご紹介します。今月は、「TWIN Fin II(ツインフィンツー)」をピックアップ。今だけのギフトが付いてくる、特別プロモーションも開催します。

一周年を迎えた、大人気シリーズの最新作

ツヴィリング歴代ナイフの中で、累計売上本数が最多(*)のシリーズ「TWIN Fin」。その後継となる最新作、TWIN Fin IIが、今月で発売から1周年を迎えました。

*当社日本マーケットによる実績

TWIN Fin IIで注目したいのは3点。「マテリアル」「バランス」「デザイン」が、これまでのツヴィリングナイフから大きな進化を遂げたポイントです。

m0509-937-min

マテリアル(素材):新鋼材

鋼材には「N 60(エヌ60)ステンレススチール」を採用。組織が均一で刃こぼれしにくく、包丁には大変優れた鋼材です。カッティングテストでも、一度で切れた枚数・切れる枚数の持続性ともに、前モデルを上回る結果が、数値で現れています。

サビに強いのも特徴で、硬さとサビにくさを両立。そのため、「食洗機の使用OK」になった点も大きなメリットです。

fin22-min

バランス :重量バランス

「バランス」もTWIN Fin IIならではの特徴。ツヴィリングのオールステンレスナイフで初めて、「ボルスター」という部品を採用。ハンドル中央に重心をおいた、理想的なバランスに仕上がっています。

m0509-872-min

デザイン  : 新しい直線美

最後の特徴が「デザイン」。ハンドルのスリット(溝)と刃の形は、前モデルを受け継ぐこのシリーズのアイデンティティ。クリーンなシルバーカラー、そしてドイツのデザインエッセンスが融合し、直線美を生かしたシャープな印象に仕上がっています。

fin232-min

fin2311-min

ラインアップは、全6種。日本の「三徳包丁」に当たるのが、肉・魚・野菜まで快適に切れる万能ナイフ「マルチパーパスナイフ」。万能=”マルチパーパス”というスタイリッシュな名前にもこだわりが光る、人気のモデルです。

1周年記念スペシャルセット

「TWIN Fin II」発売一周年を記念して、数量限定のスペシャルキャンペーンを開催。「TWIN Fin II」の中でも用途が広く人気の「マルチパーパスナイフ18cm」に、ツヴィリングオリジナリュのまな板が付いたセットをお得な特別価格でご用意しました。

鋼材、重量バランス、直線美を生かしたデザインが特徴の「TWIN Fin Ⅱ」。ツヴィリングのベストセラーの中でも筆頭的存在の包丁を、この機会にお得に手に入れてください。

公式オンラインへ

Banner_A

この記事をシェア

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る